0 支持
55 閲覧
(290 ポイント) 不具合報告
  • 発生バージョン: 5.8.1.6610
  • 動作環境:  Windows7 64bit

GitHubで公開されております「ssbpLib」を利用させて頂いているのですが、
Sprite Studio上で「Yサイズ」のアニメーションキーが設定されていると
上下が逆転して表示されてしまう不具合が出てしまいました。

御社の確認用プレイヤーで見たところでは問題ありませんでしたが、
弊社で用いております描画ライブラリの関係上、UP_MINUSの定義を有効にしてビルドしております。

SS5Player.cppの2546行目にて
> quad.bl.vertices.y = center - (h * scale);
> quad.br.vertices.y = center - (h * scale);
> quad.tl.vertices.y = center + (h * scale);
> quad.tr.vertices.y = center + (h * scale);
のところを
> quad.bl.vertices.y = center + (h * scale);
> quad.br.vertices.y = center + (h * scale);
> quad.tl.vertices.y = center - (h * scale);
> quad.tr.vertices.y = center - (h * scale);
に変更したところ、パッと見、大丈夫なのかなと思える見た目になったのですが、
弊社の手入れでは大変不安なため、御社のご見解をお伺いしたく存じます。

お手数おかけしますが、ご教示宜しくお願い致します。

回答 1

0 支持
(500 ポイント)
問い合わせありがとうございます。

UP_MINUS有効時の動作についてご指摘の通り、座標を反転して設定する必要がございます。

合わせて頂点変形を使用した場合にY座標を反転する必要がある事もわかりました。

以上2点を対応したコードをdevlopブランチにアップしましたのでご確認ください。

https://github.com/SpriteStudio/ssbpLib/tree/develop

よろしくお願いいたします。
(290 ポイント)
いつもお世話になっております。
developブランチのソースコードで確認しましたところ、正しく描画されましたのでお知らせ申し上げます。
お忙しいところご対応いただき、ありがとうございました。
今後とも宜しくお願い致します。
(500 ポイント)
解消してよかったです。今後ともSpriteStudioをよろしくお願いいたします。
...