+2 支持
262 閲覧
(1.3k ポイント) 要望
タグ変更

使用バージョン 5.7.0

要望

任意のキーを指定すると、そのキーを0フレーム目に再定義し、

元データのフレーム終端に差し掛かると元データ初端に折り返すループ機能が欲しいです。

【0~100】フレームの動画だった場合、56フレーム目で機能を使うと

元のフレーム長は変えずに、【56~100,0~55】という順番になるものです。

理由

キーフレームが一周する間に完結するパーツアニメーションを作成したあと、

それを複製し、この機能を使う事によって、ループの切れ目を気にすることなく、

ランダムに疑似自立再生するアニメーション部分を簡単に作ることができ、表現の幅と利便性が広がります。

※処理としては前後に同じアニメーションをくっつけて指定キーからフレーム長だけ切り取った方が早いかもしれない

このページをシェアする

回答 2

+1 支持
(7.2k ポイント)
編集
ウェブテクノロジユーザーサポートです。

ご要望につきまして承りました。
アイディアとしてとてもいいですね!初めと末端のフレームの重複をどうするのかなどの課題もありますが、検討していきたいと考えます。

貴重なご意見まことにありがとうございました。
0 支持
(10.1k ポイント)
ウェブテクノロジ 瀬良でございます。

大変長らくお待たせしてしまい申し訳ございません。

2019/12/19にリリースしたVer.6.4にて、「選択範囲のキーの反転」という機能を新たに実装しました。

フレームコントロール上で反転したいフレームを選択、右クリックしてコンテキストメニューから「選択範囲のキーの反転」を選択すると、選択した区間(範囲)のキーを左右反転(ミラーリング)します。

▼リリースノートはこちら
https://www.webtech.co.jp/help/ss6_releasenote/ver640/

※Proffesionalエディション先行リリースとなります。Personalエディションは2020年初頭リリース予定です。

もしまだSpriteStudioをご利用でしたら、こちらお試しいただけると大変幸いでございます。
今後とも何卒よろしくお願いいたします。
...