0 支持
140 閲覧
(140 ポイント) Q&A
カテゴリーを変更

  • 発生バージョン: 6.3.1.1421
  • 動作環境:  Windows10
  • 症状:パーティクルが親(エミッター)の移動に追尾してしまう
  • 再現手順:
    1. パーティクルエフェクトを作成し、フレームコントロールに配置する
    2. 配置したエフェクトを移動、もしくは他のキーの子にしたあと親を移動する
    3. 発生したパーティクルがその場に残らず、上記の移動に追尾してしまう

 こちらの件は不具合か仕様か判断できなかったため、こちらに投稿させていただいております。(もし既に設定方法がありましたらご教授願えないでしょうか)

このページをシェアする

回答 1

0 支持
(10.1k ポイント)
こんにちは ウェブテクノロジ 瀬良です。

大変恐縮ですが、パーティクルが親エミッターの座標移動に追従して動くのは、SpriteStudio の仕様です。
エフェクトパーツに設定されたエミッタのみを追従させることはできません。
エフェクトパーツに設定したパーティクルも「エフェクトパーツ」として親パーツに追従して動きます。

パーティクルをグローバル座標で残したい場合は、お手数ですが、親パーツに紐づけず、別アニメーションとして制御いただくようお願いいたします。
(140 ポイント)
お世話になっております。
返信が遅くなり申し訳ありません。

パーティクルの追従に関しまして、仕様であることを承知いたしました。
ご対応ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。
...