0 支持
2.4k 閲覧
(9.1k ポイント) 掲示板
編集

皆様
日頃より SpriteStudio をご利用いただき誠にありがとうございます。

SpriteStudio βユーザー募集中!

SpriteStudioではβプログラムを公開しております。
インディーライセンス・Win、Mac問わず、開発中の最新版をご利用いただくことができるプログラムです。
(使用可能な有効期限がございます)

触ってみたい!という方は、以下の手順にしたがって是非ご参加ください。

1. β版公開ページにアクセスする 

こちらのβ版公開ページを開きます。

まず、GitLab.com にサインインする必要があります。

サインイン or 新規作成

以前のクローズドβに参加するなどして、既に GitLab.com のアカウントをお持ちの場合はサインインしてください。

初めての方は、Google や Twitter などのアカウントでサインインするのがお手軽です。

メールアドレスで登録する場合は、Register を押してユーザー名など入力して登録してください。

この場合は、GitLab から ”Confirmation Instructions” という件名のメールが届きますので、こちらを開いて本文中のリンク Confirm_your_account をクリックして承諾します。

2. 参加をリクエストする 

[Request Access] ボタンを押して参加を申請します。

RequestAccess

3. 承認メールを待つ 

参加申請後、下記のような承認メールが届きます。

承認メール

SpriteStudio_/_Beta のリンク部分をクリックして、再びβ版公開ページにアクセスしてください。

※承認メールが届くまでに、数時間~1営業日ほどかかりますので、どうかしばらくお待ちください。

4. さあ始めよう! 

トップページのドキュメントに従ってダウンロードし、お試しください。

皆様のフィードバックを関係者一同楽しみにお待ちしております!


 β版は製品版とは別にダウンロードされます。
 製品版を上書きせずに別物としてご利用いただけます。

 ただし、β版で編集したデータを
 以前のバージョン(現リリースバージョン)で開いても
 デフォームなどは再現できないためご了承ください。

 ※ファイルフォーマットが未知のバージョンである警告が表示されますが
 「はい」を選択して読み込むことは可能です。

 

このページをシェアする

回答 1

0 支持
(9.1k ポイント)
編集

現在公開しているのは Ver.6.4 β3 です。
変更点等はこちらの解答、GitLabをご確認ください。

大変申し訳ございませんが、β版はprofessionalエディションのみのご提供となっております。Personalライセンスではご利用いただくことができません。

Professionalライセンスをはじめとした、法人向ライセンス、for Indieにて認証いただけます。
恐れ入りますが個人の方でβをお試しいただく場合for Indieをご利用ください。


β版は充分な動作試験を行っておりません。何卒ご了承の上ご利用ください。
不具合などフィードバックはissueへご投稿お願いいたします。

また、β版で追加されたアトリビュートは各種SS6PlayerやSDKに対応しておりません。対応は正式リリース後となりますのでご了承ください。


2019/9/3 SpriteStudio Ver.6.4 β3 に更新しました

新機能・変更点

  • ポップアップツールボックス
    • 環境設定にレイアウトウィンドウのポップアップツールボックスの設定を設けました。『使用しない』設定が可能です。
  • フレームコントロールウィンドウの操作
    • フレームコントロールのタイムラインについて、「スペース + ドラッグ」もしくは「ホイールドラッグ」で左右にスクロールできるようになりました。
    • コピー(選択アトリビュートのみ)に、コピーするアトリビュートの組み合わせを保存するプリセット機能を設けました。
  • SpriteStudioの複数起動時、プロジェクト(sspj)間でパーツやキーのコピーペーストが可能になりました
  • レイアウトウィンドウ
    • 「ルーラー表示」「ガイドラインのスナップ」「ガイドライン設定」のアイコンを正式なものに差し替えました
      ex:ガイドラインの設定について

不具合修正

  • アニメーションデータのメッシュパーツの参照セルアトリビュートが設定可能になる。

2019/8/9 SpriteStudio Ver.6.4 β2 に更新しました

新機能

  • ルーラー
    • レイアウトウィンドウにルーラーが設けられました、「ルーラー表示」ボタンを押すと表示されます。
  • ガイドライン
    • ルーラーを表示した状態で、ルーラー上で左クリックするとガイドラインが追加されます。
    • ルーラー上で、ガイドラインの延長上にマウスオーバーするとマウスカーソルが矢印に変わりこの状態でドラッグすると位置を移動できます。
    • ルーラー上で、右クリックするとガイドラインの削除、設定のコピー&ペーストができます。
    • レイアウトウィンドウのツールバーにある「パーツ原点をガイドラインにスナップ」ボタンを押すとスナップされます。
    • 同じく「ガイドライン設定の変更」ボタンで色・線の種類を変更できます。

ルーラー、ガイドラインの機能のボタンは仮アイコンとなっておりますので何卒ご了承くださいませ。


 

  • フローティングツールバー
    • レイアウトウィンドウ選択時にスペースキーを押すことでフローティングツールバーを表示する機能を追加しました。
  • UV値の単位
    • 「プロジェクト設定」の「その他」に 「UV値の単位」項目をに設けました。 UV X/Y移動の設定値を、ピクセル単位に変更できます。
  • 通知欄
    • 通知欄を追加しました。通知欄横の「!」を押して通知ウィンドウを開くことで、警告やエラーの履歴を確認できます。
  • 複数同時起動
    • 複数同時起動を可能にしました。同一バージョンであれば複数起動が行えます。
  • 選択範囲のキーを反転
    • フレームコントロールウィンドウに、「選択範囲のキーを反転」機能を追加しました。
      タイムライン部で範囲選択を行い、コンテキストメニューで「選択範囲のキーを反転」を実行ください。
  • プレビュー
    • ウィンドウメニューからプレビューを選択すると開きます。
      カレントフレームにおけるレンダリング結果が表示されます。
  • 原点X/Yオフセットのマウス操作
    • 原点X/Yオフセットを、レイアウトウィンドウ上で設定可能になりました。
      原点のドラッグを行うと原点オフセットが設定され、原点の移動が行なえます。レイアウトも可能な限り維持します。
  • デフォームのリセット
    • デフォームアトリビュートに、メッシュセルの初期値に頂点位置をリセットするボタンを追加しました。

不具合修正

  • レイアウト:パーツ選択をおこない、Shiftキーを押しながらカーソルキー移動した際に8ピクセル単位で移動しない。

その他

  • シェーダーアトリビュートが追加されました。今後拡張予定のアトリビュートです。

以上になります。
よろしくお願いいたします。

...